出来た猫

d0085254_2252396.jpg

1994年5月14日。
しんちゃんが我が家へお猫入りした日。
写真はお猫入りした日に撮ったもの。

隣の隣の市で、お年寄りと暮らしていたものの、当のおばあちゃんの具合が良くなくなって、我が家へやってきた。
9月に去勢手術をしに行った獣医さんで、「だめじゃないですか、こんなに太らせてしまって」とかなり、きつく怒られた。
しんちゃん、かわいそうなほど、お手手とあんよが短い^^;
その上、出されたものは、なんでも食べるお利口さん。
モデル体型を維持するのは不可能と思われ。
里親さんから、「この子はね、ほんと、性格が良いんですよ」とのお墨付きだった。
d0085254_2335595.jpg
1994年3月19日


アトムは、生後2ヶ月、猫社会のしきたりを知らないまま、我が家へお猫入り。
後からやってきたしんのすけは、ずいぶん、お兄ちゃんには面食らったことと思う。

しんのすけは、多頭飼いのお家で揉まれたらしく、我が家に到着してすぐ、お兄ちゃんの前でころんと転がって、服従の意志を示した。猫がそんなことをするなんて知らなくて、びっくりしたのを覚えている。

アトムの方はと言えば、唸ったり、威嚇したりはしない。
下手に出たしんちゃんを、しつこく追っかけまわした。
単に、もの珍しい、なんか楽しい!という感じだった。
大喧嘩にならなかったのは、なによりしんちゃんが出来た猫だったからだと思う。

d0085254_23151570.jpg
1994年5月19日 初対面から5日目ですでにこの状態

しんちゃんの具合が、いよいよ悪くなって、抱っこも嫌がるようになったころ、この写真を見ながらずいぶん泣いた。
長々と寝そべっているしんちゃんを、ひょいと抱いたら、胸に顔を擦り付けて、ごろごろ言うのがいつものことで、それが永遠に続くと思っていた。
病院へ行くのに、壊れ物を扱うようにそうっと抱き上げたら、自分の手が覚えているしんちゃんの重さとはかけ離れて軽くて、のどの奥がぐうっと痛くなった。

キャリーを助手席に乗せて、車を出して、国道に出る交差点。
左へ行けば市街地で、右に出れば動物病院。
6月3日から、毎日、この道を通った。
土曜日も日曜日も、祝日も。

病院で会う人は、私に「毎日来てるの?大変ねえ」と言ったが、全然大変じゃなかった。
時間だって、お金だって、しんちゃんが少しでも楽になるならちっとも惜しくなかった。
「大丈夫、大丈夫、しんちゃん、大丈夫だからね」

本当は、もうしんちゃんは全然「ダイジョウブ」じゃなくて、お別れが近いって、あんまり引き止めてはいけないって分かってた。
だけど、もう少し、もう少し、「頑張ろうね」って頑張らせちゃったね。
付き合ってくれてアリガトね。
あなたは、本当に出来た猫だったよ。
[PR]
by nekokaka | 2006-11-03 00:04 | しんちゃんのこと


ねこかかのだらだら日記


by nekokaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お邪魔してま~す

カテゴリ

全体
ごあいさつ
しんちゃんのこと
アトムくんのこと
子猫ちゃんたち
買い物
おともだち
I wish that ....
習いごと
ごはん
病院
好き・きらい
お仕事
マッキー
近況
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 04月
2010年 01月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

フォロー中のブログ

愛しいネコ・愛しいヒト

検索

タグ

(5)
(3)
(2)
(1)

最新のトラックバック

ねこかかさんがやってきた
from ★★★空色猫目亭別館
怪事件
from kissa*almanakka

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧