タグ:腎不全 ( 5 ) タグの人気記事

アトムさん、さらにその後

d0085254_19312857.jpg


うひゃ~、前回の更新が7月7日(七夕)だって!
看板猫7月14日で無事に19歳となりました。
ある動物病院の年齢換算表によりますと、ニンゲン年齢92歳ということです。
20歳になりますと、これが一気に100歳となるということです。

ということは、12月14日が過ぎて、1年の半分が経過したわけですから、単純計算で96歳あたりを進行中らしい、アトムさんであります。

現在の主食は、スペシフィック低Na-リン-プロテイン(FKW)を一日4分の1を朝夕2回(の強制給餌)
あとは、猫缶のおやつがほんのちょっぴりに、夜中に気が向けば「猫元気13歳以上用」をぽりぽり。
一晩かけても、小袋20gを全部食べきることはありませんが。

先日、何年かぶりに走っておられるお姿を拝見できて、感激いたしました。
もう、3人掛けソファを一息で超えるということはないだろうなぁ、という走りではありましたが、そんなら、お前がハードルどんだけクリアできるんじゃ?と問われたら、沈黙する以外ないカイヌシであります。

便P問題も、ときどき、詰まっては、いわゆる踏ん張りゲーもありますが、そうでないときもあり、まぁまぁ順調なご様子です。
ちょっと違ってきたのは、前よりも回数が少なくて、一回に出る分が大きいということくらいでしょうか?
便秘薬ビオスリーH粉末を、カプセルに入れて(1袋1gを4分割)一日2回飲ませていたのを、錠剤に変更してそれをピルカッターで1/4にしてから飲ませるようにしました。
(カプセルに分けて入れるのって、何気に気が重い作業なんですよ~)

血液検査は、現在はほぼ3か月に1回の割合で、大きな数字の変動もなく。

10月の検査では
BUN(尿素窒素)が平均(15~35)を少し上回る、41.9
CRE(クレアチニン)は平均(0.8~1.8)より、若干高めの、2.6

それ以外は、カリウム値が低め(薬で補正)、貧血を示す値も今のところない、いわゆる一病息災状態で推移しております。

あと、若いころと決定的に違うのは、夜中の絶叫マシーン。
明かりがついているときまでは、ぐうぐう寝て、明かりを消して、私が寝ようとすると、
「起きれ!起きれ!」攻撃が始まるんであります。
「アトムさん、眠いですぅ~」と言いながら、無視していると、肉球びんた、私の口めがけて前足突っ込み、それでもだめなら、爪を出して鼻を引っかける。防御のために枕にうつぶせで寝ると、ついには先日、首の後ろを噛まれました。。。
「分かりましたよぅ、でも、寝てください、ねんね、ねんね」となだめながら、少し眠ったところで
耳元での絶叫であります。
「えっ!?えっ!?何事ですか!?」と言わんばかりの絶叫で、
「アトムさん、どうされましたか~?」と半身を起こすと、ぱたっと絶叫が止まる、というパターンであります。
ご近所に迷惑がかからない形体の建屋で良かったなぁと思うことしばしばです。

姉に愚痴ると、「そんなら、明かりをつけて寝てみるとか?」などという、あんまり本気で対策を考えていないのが丸わかりの答えしか返ってこず、とりあえずは、このまま週末で寝だめ、の方向で頑張ってみたいと思います。

d0085254_2035655.jpg

そして、先日、一眼レフ・ミラーレスのエントリーモデルのカメラを手に入れました。
ここでようやく、宝の持ち腐れだったマクロレンズ、いわゆる明るいレンズの使い方を見よう見まねで習得いたしまして、背景ボケのいかにもデジイチ風の写真が撮れるようになりました(涙)。

あと、大きな行事としては、先週、広島で猫バカさんたちの忘年会を行いましたが、その件についてはお友達ブログでご覧ください(笑)
どこまでも、無精で本当にスミマセン。
[PR]
by nekokaka | 2012-12-16 20:17 | アトムくんのこと

アトムさん、その後

d0085254_123994.jpg


Rojineko.netさんリンク記念、アトムさんの便秘その後のご報告です。

d0085254_14252.jpg


2012年7月現在、お世話になっている整腸剤、ビオスリーHであります。(我が家は便秘対策用)
一袋1g入り、これを4つのカプセルに分け、朝と夕方お口にぽんっさせて頂きます。
あとは、おやつにロイヤルカナン消化器サポート(可溶性繊維)。
おやつですから、せいぜい召し上がっても一日5g・・・orz
この他に自主的に召し上がるのは、猫缶のごく一部の銘柄のみであります。
ま、これだけで生きて行けるわけないので、ワタクシ、朝・夕とご飯を給餌させて頂いております。
(いわゆる強制給餌というやつww)
スペシフィックウェット(F/W) 一缶を四分割して、それを二回。
なので、二日で1缶の消費ベースです。
以上の食事量とビオスリーの摂取で、約二日に一回、まあまあの量の運光さまお出ましになる日が、ここのところ続いております。
ふんばりケーなしの運光さまは、本当にありがたや、ありがたや。

強制給餌用のお食事を、レンジでチンして用意している間、こそ~っとリビングへ避難したり、リビングのテーブル下に隠れたり、あとはまれに、抗議(と思われる)のゲロをしたり、うれしそうではないものの、給餌が過ぎれば、ラブラブまったりな、我々の関係維持であります。

お食事後で、お口周りが若干汚れているアトムさん。
d0085254_1131027.jpg

汚れ役も、すっきりきれいにこなせるあたり、さすが~
去年の今頃は、ペリアクチン(食欲増進剤)飲ませたり、銀スプ13歳以上をネットでダース買いしたり(それしか食べなかったから)、あとは、ありったけの猫缶並べたり。

2011年9月の終わりに、強制給餌を始めてからも、最悪・険悪な関係にもならず、一緒に暮らし始めて19年目の夏に突入した我々です。
まさかね、強制給餌、こんなに続くとはね。
強制給餌始める前までは、とにかく、ネットを検索して、給餌の動画を片っ端から見ました。
うちのスタイルで給餌している人は今のところ動画では見つけられなかったけれど、動画をアップしていないだけで、近い形の給餌をしている人も居るかも知れない。
いつか、姉に頼んで、動画を取って貰おう。
でも、まず、動画を録画するには、お部屋の中、片付けないと(汗)
ん~お片づけ、なんとかお盆までにはー(えっ!?)

d0085254_1144088.jpg

どおぶつ、ぎゃくたい、はんた~い!


[PR]
by nekokaka | 2012-07-07 01:41 | アトムくんのこと

変化

うちのアトムさんは、若いときから(たぶん1歳くらいから)便秘持ちです。

1歳過ぎた頃、何度もトイレに出たり入ったり、気になって当時のかかりつけに電話したら、
「すぐに連れて来なさい!」と言われ、タクシー飛ばして行ったことがあります。

レントゲン取って、尿管にカテーテル通して尿を取って、
「ほらね、きらきらした砂が見えるでしょう」と言われ、見えるかなぁ?と思いながら、
蛍光灯が明るすぎてよく見えないのかも?と思い「そうですね」とか言っちゃうカイヌシでした。
その場で結石の出来る体質と診断され、しばらくs/dを食べさせるように言われてs/dを出してみたところ、アトムさんはまるっきり食べる気ナッシングで、同居のしんのすけがバリバリ食べてました。
獣医さんに「同居の猫は食べるけど、本猫は食べないんですけど~」と相談したらば
「そうねえ、食べない猫多いね。アハハハハ」と言われたきり特に強く他のフードを禁止されることもなく。
気になったのは
「同居の猫ってメス?」って聞かれて
「いいえ、オスです」と答えたところ
「なら良いですよ」とのこと。
なぜ、メスならいかんの?と思ったけど当時のカイヌシ、なんとなく理由を聞けず(ダメじゃん!)
今もってなぜ、メスだったらいけなかったのか分からず。永遠のなぞ。

で、s/dを食べないので、そんなら同じメーカーのサイエンスならどうなの?と思い、サイエンス・ライトに変えた。(それまでは、猫まっしぐらwwフリスキー)
以後、結石のような症状も見られず、今日に至るアトムさんですが。

思えば、あのトイレを出たり、入ったりしていたのは、便が出なかったんじゃないかと。
でなければ、結石用のフードを食べてないのに、以降一回も尿管が詰まったことがない理由が見当たらない。
痛い思いをして尿管にカテーテルを通されたアトムさん、ゴメンよ。

そして、現在、腎臓の機能が低下してきたアトムさん、ますます便秘の症状も重くなり、いきんでは、オエ~という回数も増えつつあります。(いわゆる踏ん張りケー)
強制給餌を終えた~と思った直後、トイレでいきまれると、カイヌシが、はらはらドキドキ見守る中、そのままするんと出てくれれば良し、でなければ、涙涙であります。

そして、去年の秋口、いつもお邪魔しているブログRojineko.Netさんに、こちらの「みのるさん」(17歳のお嬢様)がやはり重い便秘だったのが『プラチナ乳酸菌5000億個』というサプリを飲ませ始めたところ、翌日からどっちゃり出る、という記事がアップされ、気になっておりましたが、ついに先日、ワタクシもポチりました。
d0085254_22551373.jpg


5kg以下の動物には1包(1.0g)の1/5(1日1回)与えること、とあります。
アトムさんもそれに習って、1/5包飲んでみたところ、変化なしww
ネットでこちらのサプリを検索してみると、どうやら便秘のひどい猫さんの飼い主さんが、倍量飲ませてやっと出た、という記述をちらほら発見。
そこで、おとといから、1.0gを四分の一に分け、カプセルにつめて、朝と夜、飲ませてみました。
すると翌日、びっくりするほどではないものの、まぁまぁの量の便が。
そしてその翌日、前日と同じくらいの便が出ました。
二日続けて、これだけ出るのは、おそらくアトムさん生涯始まって以来(笑)
いやいや、素直にこのサプリの効果は認めます。

ですが(笑)、気になることがひとつ。
サプリの成分であります。
1.0gのサプリ内に1.65mgのナトリウムが。
d0085254_2333824.jpg


腎臓を患っているアトムさんに余分なナトリウムは出来れば控えたいところです。
1.65mgなんて、獣医さんでも鼻で笑われるほど少ない量なのかも知れないけども。
便秘には効く、だけどナトリウムがちょっとなぁ。
症状がひどくてここ一番のときに使うか?
それだったら、あんまり今と状況変わらんしなぁ、と考えていたら、ふと、以前に使っていたビオスリーHがまだあったことを思い出しました。
これもやはりネットでヒットした整腸剤で、「ギャオス王国」の下剤、便秘薬のページにあります。
中身は糖化菌・乳酸菌・酪酸菌の複合薬だから、効果としては上のサプリと大差ないはず。
前に飲ませて効かないと思っていたのは、もしかして、量が足りなかったから?

とりあえず、今カプセルに詰めたプラチナ乳酸菌は飲んでいただくとして、それが済んだら、ビオスリーに変えてみよう。
さてさて、どんな変化がありますやら。
d0085254_23225593.png

[PR]
by nekokaka | 2012-03-24 23:26 | アトムくんのこと

お仲間

d0085254_20583486.png

本日、こちらのおぢょう様のお宅にお招きいただきました。
なふなふちゃん
うちのアトムさんより12歳年下ですが、腎不全治療は先輩であります。
d0085254_20584734.png

もう~なんか、また、うるちゃいお客たちが来たわ~バリバリバリ!


おお~なふなふちゃんが、歩いてる~!と言っては喜び、なふなふちゃんがクンカクンカしている~!と言っては喜ぶ、猫バカさん仲間、本日は4人お招きいただきました。

本来は、Azodylという腎不全用のサプリ実物を見せていただくのが目的でありました。
「こんなカプセルで、中に乳酸菌が入ってるんですよー」とMewさんに説明して頂いて、
「ほっほ~」と感心しながら、主治医の先生にかけあって、活性炭から、このサプリに移行する~?
どうする?
う~ん、と唸ったっきり、判断のつかない我々であります。

巷の噂では、ずいぶん、良いとは聞くものの。
さて、主治医の先生に、どう切り出したものか?
OKが出たとして、入手先は?
今回は、運よく手に入ったものの、この先、コンスタントに手に入るもの?等々、決断を迫られる問題があり。

そんなことをお話しながら、なふなふちゃんのお母さんの手作りのお料理を美味しく頂いて(せっかくきれいに盛り付けてあったのに、バクバク食べちゃって、写真がありません(汗))、現在のそれぞれの猫さんの現状やら、治療方針やらの情報交換。
あ~っという間に時間は過ぎて、子供たちもお家へ帰る時間となりました。

d0085254_20585756.png

お昼寝している、なふなふちゃんを、それぞれみんなが覗き込み、なふなふちゃんの眉間に皺が刻まれる頃、ようやく重い腰を上げて退出。

なふなふちゃん、Mewさん、おもてなしありがとうございました。
ご一緒したみなさん、猫を飼ってない人から見ると、ちょっと異様な盛り上がり(いつもだ!)、大変たのしゅうございました。

本日初めてお会いしたあやこさんせっかく、お知り合いになれたのに、もうじき引越しされるとのこと。
そらちゃんと相性ぴったりの主治医さんが、お引越し先でも見つかるよう、お祈りしています。
どうか、そらちゃん、トイちゃんともどもお元気で。
また会いましょう~
[PR]
by nekokaka | 2012-02-11 21:27 | おともだち

タイムスケジュール

d0085254_2254342.jpg

こちら、アトムさんのある日の朝のお食事となります。
腎不全猫らしく、ご自分では召し上がりませんので、給仕係りが強制給餌お口の端っこから、ぐりぐりとお運びし、15分かけて召し上がっていただきます。
ちなみに、同じ量を、夕方にもサーヴさせていただいております。
中身は、スペシフィックFKW(150gを4分の1≒60kcal)であります。

たまに、気が向くと、ドライフードのk/dや腎臓サポートスペシャルをご自身で召し上がることもあり、1ヶ月に1回くらいは、給仕係りのお役を解かれることもありますが、基本、アシストさせていただいております。

朝:6:30~7:00
夕:6:30~7:00

そして、夕方、お食事が終わって、クレメジンをお口にポンさせて頂いた後、輸液ショウの始まりであります。
d0085254_2219189.jpg

本日は、やや右に針が刺さっております(^^;)
一日200mlの我慢であります。(500wのレンジで100ml×10秒+10秒でチンしたソルラクト)

そして、また、午後9時半~10時に、本日最後のお薬「フォルテコール」一日置きに「アムロジン」を服用。

以上で、本日の主な業務は終わり。
あとは、ぐっすりと寝て、カイヌシが就寝する頃元気になって、「起きれ、撫でれ」の頭突き、前足で顔をペチペチ、虫の居所によっては、ほんのちょっと爪を出して、カイヌシの鼻の穴に突っ込んでみたり。
d0085254_22271888.jpg


そして、翌日も同じことの繰り返しであります。

もっとも、このサイクルが確定したのが9月の終わりで、今年の4月中旬からそれまでは、もう、ご飯のお皿を持ってアトムさんを追っかけまわし、食欲増進剤を使ったり、黒缶100%とか、焼き魚100%ご飯とか、アトムさんが食べる意思を示すものは何でも用意しました。
一日に缶詰5缶とか6缶とか開けてたから、ホント一日置きにホームセンター通いでした。
(恐ろしくて、金額は計算していない・・・^^;)

輸液は比較的早くから協力的で、最初は姉のお手伝いが必須でしたが、そのうち、私一人で出来るようになりました。

7月で18歳になったアトムさんが、こうして、朝・夕のアシストご飯と輸液を頑張ってくれて、カイヌシ心からうれしく思っています。
アシストご飯と輸液、どちらも、猫さんには、受け入れがたいものかも知れません。
ウチは奇跡的に、上手く行っている方だと思います。
まさかね、気難しいうちのアトムさんがね、こんなに色んなことに協力的だったとはね、かーさん、18年と2ヶ月気が付かなかったよ~

これからも、ご協力お願いしますね。この調子だと冠猫さん20歳を迎えられるかもよ~ん。
・・・となると、カイヌシ、あと2年、毎日朝夕のアシストご飯に輸液ですか(^^;)
一瞬、くらっとなりましたが、ダイジョウブです。
アトムさんのためなら、えんや~こら~です。
どうか、元気で居てくださいまし。
[PR]
by nekokaka | 2011-12-15 22:41 | アトムくんのこと


ねこかかのだらだら日記


by nekokaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お邪魔してま~す

カテゴリ

全体
ごあいさつ
しんちゃんのこと
アトムくんのこと
子猫ちゃんたち
買い物
おともだち
I wish that ....
習いごと
ごはん
病院
好き・きらい
お仕事
マッキー
近況
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 04月
2010年 01月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

フォロー中のブログ

愛しいネコ・愛しいヒト

検索

タグ

(5)
(3)
(2)
(1)

最新のトラックバック

ねこかかさんがやってきた
from ★★★空色猫目亭別館
怪事件
from kissa*almanakka

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧